研究概要

 先行研究により,わが国で初めて計量心理学分析により信頼性と妥当性が検証されたJ-CCCHS(The Caffrey Cultural Competence in Healthcare Scale)を用いて,2015年のわが国の看護職のカルチュラル・コンピテンスが測定され,同時に看護職が外国人対応で困っていることの概念化により(図1)教育モジュールの検討を進めている。
 これらの基盤研究の上に位置づけられる本研究のPhase1では,能力向上の教育モジュールを作成評価,外国人ケアパス,ガイドラインの開発, Phase2では,臨床活用による患者アウトカムをターゲットとしたガイドラインの臨床評価研究を行う。Phase3の2021年には再度看護職のカルチュラル・コンピテンスを測定し結果評価とする。初年度および最終年度には,市民が参加しやすい国際シンポジウムを開催し,研究成果の普及に努める。研究工程図を図2に示した。

図1. 看護職のカルチュラル・コンピテンスの能力開発領域 (先行研究結果からの概念図)

アジア圏における看護職の文化的能力の評価と能力開発・臨床応用に関する国際比較研究 [ANCC]

図2. 研究工程図

アジア圏における看護職の文化的能力の評価と能力開発・臨床応用に関する国際比較研究 [ANCC]



アジア圏における看護職の文化的能力の評価と能力開発・臨床応用に関する国際比較研究 [ANCC]