JSPS 野地有子科研Aプロジェクト(FY 2017〜2021 科学研究費補助金)
Nursing care for global:Cultural Diversity

nGlobe研修
看護職の多文化対応能力研修
アドバンスコース
2020年の東京オリンピック・パラリンピック、そして2025年の大阪万博で訪れる外国から来られる人々への看護の準備はできていますか?
その準備のひとつとして、本年度7月に千葉と大阪でnGlobe研修ベーシックコースを開催しました。このたびアドバンスコースで、さらなる看護職の多文化対応能力を高める研修を行います。どなたでも参加できます。


会場:千葉大学けやき会館
     (千葉市稲毛区弥生町1-33 西千葉キャンパス)
日時:2019年11月10日(日)10時~16時
講師紹介:Marie-Luise Eßrich 氏
 マリールイゼ・エスリッヒ氏は、ドイツの外来診療システムに難民を医療従事者として受け入れる方法について研究し修士号を取得しました(2016年)。また、シャリテ医科大学病院の循環器病棟の副看護師長を勤め、多様な文化圏の医療専門職や患者と接し様々な経験を積み、2017年より多文化統合マネージャー(integration manager)として活躍しています。
 シャリテ医科大学病院(ヨーロッパ最大規模4,000床)は、現在、外国籍看護師が看護師全体の約10%を占め、多文化統合マネージャーは、外国籍看護師が職場や社会生活に順応できるようドイツ到着後からサポートを開始し、同時にドイツの医療システムにスムーズに順応できるよう病棟側にも働きかけるなど、直接的・間接的にサポートしています。その他、シャリテ医科大学病院では、特別に訓練された新人受け入れ病棟を設け、病院全科における外国籍看護師受け入れ体制は、非常にきめ細やかです。
参加費: 無料(教材含む,参加証明書を発行します) 
定員:200名
   ※交流会16:10~17:30 けやき会館内 定員80名(2500円)

インバウンド医療が推進される中で、看護職の多文化対応能力を高めるための研修です。文科省科研費により実施された日本人看護職1万人のデータに基づいて開発され実施します。アドバンスコースでは、移民政策を進めるドイツの病院の外国人看護師受け入れ担当者による講演(通訳付き)など、さらにグローバルな視点で実践的に学びます。

◆予告:エキスパートコース開催予定 2020年3月14日(土)10時〜16時
(会場は東京周辺予定)で開催します。


    【運営事務局】
    有限会社 プロメド コミュニケーションズ
    〒164-0001 東京都中野区中野4-11-1-103
    TEL/FAX:03-3385-7539  Email:promed@promed-com.jp