研究室から

2018年7月7日

The 7th Global Congress for Qualitative Health Research(6/20_22/2018,Seoul, Korea)
梨花女子大内発表会場。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2018年7月7日

日本健康・栄養システム学会(6/23-24/2018,神奈川県立保健福祉大学)にて以下の発表を行いました。

『外来化学療法を受けているがん患者の食事と栄養面の支援について-通院治療室の管理栄養士と看護師へのインタビューを通して-』(野地有子,他)(PDF)
『当院通院治療室におけるがん化学療法時の低栄養状態の発生頻度について』(野本尚子,他)(PDF)
『認知症対応型共同生活介護における栄養管理のあり方に関する調査研究―事業所、職員、入居者実態調査から―』(高田健人,他)(PDF)
『認知症対応型共同生活介護入居者における低栄養と個別要因及び管理栄養士による関わりとの関係』(堤亮介,他)(PDF)

2018年6月2日

第1回センター共同研究合同拡大会議にて

クリスマン教授とリン教授
世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

クリスマン教授によるセミナー
世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

リン教授によるセミナー
世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2018年4月28日

花田光世・慶應義塾大学名誉教授の招聘講義「看護管理者にとってのキャリアの考え方:未来に向けたキャリアの在り方」を開催しました。講義で取り上げられた書籍をご紹介します。
世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC] 『あと20年でなくなる50の仕事』(水野操,青春新書)
『人工知能と経済の未来』(井上智洋,文春新書)
『残酷な20年後の世界を見据えて働くということ』(岩崎日出俊,SBCrative)
『テクノロジーが雇用の75%を奪う』(マーティン・フォード,朝日新聞出版)
『10年後に食える仕事食えない仕事』(渡邉正裕,東洋経済新報社)

花田教授が座長を務められたセルフ・キャリアドック導入支援事業推進委員会(厚生労働省)の主な資料
『「セルフ・キャリアドック」導入の方針と展開』
『セルフ・キャリアドックで会社を元気にしましょう! 』

 

2018年4月7日

『10年後を見据えたグローバル人材育成・国際交流の推進 FDコンテンツ報告書』Vol.2を発行しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2018年4月7日

『公的病院におけるELNEC教育プログラムの開発ELNEC 高齢者版モジュールの事例』を発行しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2018年4月7日

報告書を発行しました。
『学士課程における看護実践能力と卒業時到達目標の達成状況の検証・評価方法の開発(平成27-29年度)最終報告書』
『看護系大学における「到達目標2011」の活用実態と背景要因の解明に関する全国調査報告書』
『大学における看護学教育の継続的質改善(CQI)活動と背景要因に関する研究報告書』
『平成29年度 看護学教育研究共同利用拠点 看護学教育ワークショップ報告書』
『学士課程における看護学教育の質保証・質改善に向けて外部指針を活用する』

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2018年3月31日

論文発表:千葉大学大学院看護学研究科紀要,40,67-71, 2018
題名『グローバル人材育成を推進するアジア圏における教育研究プラットフォームの構築 - 学術交流協定校3大学による国際シンポジウムの共同開催 -』
(野地有子, 岡田忍,中村伸枝,宮崎美砂子, 正木治恵,Heeseung Choi, Ju Young Yoon, Kim Sungjae, JaHyun Kang,Pakvilai Srisaeng, Sauwamas Khunlan Theunnadee)

 

2018年3月10日

第一回国際セミナーのポスター(第3報)を作成しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2018年3月3日

修士1名の修士研究が修了しました。
・『救命救急病棟看護師の退院支援能力開発-患者・家族のニーズと地域包括ケアの視点から-』

 

2018年2月3日

学部学生3名の卒業研究が修了しました。
・『食べることを治療の一環として支援するための視点と課題』
・『外来で化学療法を受けるがん患者の食事や栄養面に関する支援の課題について』
・『過重労働対策における産業保健師の実践知』

 

2018年1月20日

21th EAFONSにて以下の発表を行いました。

The Current status of Visiting Nursing system in community care for the elderly : Japan, Korea and Thailand(PDF)
(Ayako Aihara1, Ariko Noji)

 

2017年12月16日

第37回日本看護科学学会学術集会演題発表にて以下の口演を行いました。

『グローバル時代の看護系大学におけるFDとキャリア支援-国際活動委員会の教員の経験の展開から-』(PDF)
(野地有子、近藤麻理,小寺さやか,溝部昌子)

『看護系大学における教育の質改善への取り組みの特徴と背景要因との関連』(PDF)
(和住淑子,吉本照子、吉田澄恵、野地有子、黒田久美子,錢淑君)

『看護学教育の質確保のための取り組みと課題-「到達目標2011」の活用実態等に関する全国調査報告2報』(PDF)
(黑田久美子,吉田澄恵,櫻井友子,吉本照子,和住淑子,野地有子,錢淑君)

『全国の大学における看護学教育の継続的質改善(CQI)活動の実態と促進要因』(PDF)
(吉田澄恵,吉本照子、黒田久美子,和住淑子,野地有子,錢淑君,櫻井友子)

 

2017年12月2日

平成29年度ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)研究スキルアップ支援 千葉大学第3期外国人研究者セミナー等招聘支援制度により、来年3月にドバイのガルフ・メディカル大学のアニール先生(メディカル・ツーリズムの専門家)のセミナーを予定しています。

 

2017年11月11日

ドバイのガルフ・メディカル大学を視察しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

ドバイのDubai Healthcare City(BR Medical Suites)を視察しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2017年10月20日

タイのバムルンラード病院を視察しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2017年10月19日

チェンマイ大学病院看護部を訪問しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2017年10月20-22日

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

TNMC & WANS-International Nursing Research Conference 2017-Bangkok, THAILANDにて以下の口演を行いました。

★『Faculty Development for Global Education in Nursing -Faculty members' positive experiences Nurses' Gathering』(PDF)
(Ariko Noji, Mari Kondo, Sayaka Kotera and Akiko Mizobe)

★『Informatin of Patients' Life for Post-discharge Support at an Acute Care Hospital』(PDF)
(Masami Kase, Ariko Noji and Michiyo Matsuda)

★『Developing a Questionnaire for a Factual Investigation of the Handling of the Kumamoto Earthquake: Working Toward a Hospital Support System』(PDF)
(Tomoko Hashizume, Kazuko Komori, Toru Hirokawa, Mitsuru Uekado, Hiroshi Utsunomiya, Satoshi Katsuyama and Ariko Noji)

★『Health promotion for new employees: needs assessment of dietary and exercise habits』(PDF)
(Noriko Oshima and Ariko Noji)

★『Support for adult patients with hemophilia from the life cycle perspective: Voices of hemophilia nurses』(PDF)
(Mika Kogayu, Michiyo Kobayashi, Koji Kobayashi, Ariko Noji, Kazufumi Matsumoto and Hideyuki Takedani)

★『Literature review of discharge support at Japanese acute care hospitals』(PDF)
(Masako Mizuno, Ariko Noji and Mieko Masubuchi)

 

2017年10月14日

第39回日本臨床栄養学会総会・第38回日本臨床栄養協会総会 第15回大連合大会で野地有子がワークショップ2の講演を行いました。

 

2017年10月07日

キックオフ国際シンポジウム「医療看護ガイドラインの軌跡と未来形」の当日の様子です。(クリックで拡大)

受付の様子

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

シューネマン先生の基調講演

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

基調講演後の質疑応答

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

講演の様子

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

 

2017年09月30日

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

キックオフ国際シンポジウム「医療看護ガイドラインの軌跡と未来形」のプログラム集を当サイトにて公開予定です。

 

2017年08月19日

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

9月23日(土・祝)開催予定のキックオフ国際シンポジウム「医療看護ガイドラインの軌跡と未来形」のポスターを作成しました。

 

2017年08月19日

第21回日本看護管理学会学術集会において「急性期病院における退院支援に関する文献検討」(ポスター)と「周術期看護の質向上の取り組み―周術期看護の業務の効率化と見える化―」を発表しました。

 

2017年06月30日

革新的研究開発推進プログラムImPACTシンポジウム「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」に参加しました。

 

2017年05月13日

経済産業省のアウトバウンドに関する取組 医療国際展開カントリーレポートが分かりやすくまとめられていますので、ここにリンクします。

 

2017年04月01日

新プロジェクト「看護国際ガイドライン」が立ち上がりました。ホームページも順次更新します。

 

2017年03月25日

「平成29年度 ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型) 共同研究推進のための合同研究発表会」のポスターを作成しました。3月27日開催予定です。

 

2017年03月18日

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

『10年後を見据えたグローバル人材育成・国際交流の推進 FDコンテンツ報告書』がPDFで閲覧できるようになりました。

 

2017年03月17日

医療国際展開協力フォーラム第2回シンポジウムに参加しました。

関連リンク:Medical Excellence JAPAN|Japan Hospital Search

 

2017年03月14日

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

日本看護評価学会第7回学術集会(東京)において、卒業研究生の中村明日香さんが、「手術室看護師が行う術後訪問の意義の検討」(PDF)を発表しました。会場から、学生の論理的思考の努力へのエールや、是非持ち帰ってスタッフに伝えたいとのご意見をいただきました。

 

2017年03月9日

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

第20回EAFONSにおけるシンポジウム(ソウル大学と千葉大学の共同開催, March 9, 2017 香港)

 

2017年01月14日

第二回拡大会議で取り上げる「事例」のテーマを4種類にカテゴライズし、それぞれの色別の紙で資料を作成することになりました。カラフルになりそうです。

 

2016年12月5日

第36回日本看護科学学会において発表予定です。

口演 12月10日(土) 13:00-14:00

交流集会 12月11日(日) 9:30-10:30

示説 12月11日(日) 11:00-11:40

 

2016年11月6日

野地研究室の大学院修了生、増澤清美さんが日本産業看護学会第5回学術集会で優秀賞を受賞しました!

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

授賞式の様子

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

演題は「産業看護職によるストレスチェック後の保健面接 第1報 -情報収集項目の特徴について-」です。

 

2016年11月05日

アプリのバージョンアップに向けてApple Developer Programを更新。

20161105

2016年10月15日

特任研究員の炭谷大輔さんが日本健康科学学会にて口演発表しました。

世界をリードするインバウンド医療展開に向けた看護国際化ガイドライン [ANCC]

演題は「新入社員への健康づくり 第二報 ゲーム要素を中心として」です。

 

2016年9月21日

5th World Congress of Clinical Safetyに参加し、演題発表を行いました。

20160921_00

Joseph B. Martin Conference Center, Harvard Medical School, Boston, USA

20160921_01

会場の様子

20160921_02

会場入り口

20160921_03

ポスター発表

2016年9月17日

20160917

名古屋で開催された日本健康科学学会において、成果発表や意見交換などを行いました。

2016年9月13日

看護大学院生の異文化交流(USD短期留学)を実施しました。

20160913_01

MEPN学生と千葉大短期留学生

20160913_02

サンディエゴ大学正面玄関

20160913_03

Dean Hardin 表敬訪問

20160913_04

USD平和研究所(京都賞会場)

2016年9月13日

20160913

センタープロジェクト拡大会議を開催。テキストマイニング分析から生成された看護師の困り事について、対応策を検討しました。

2016年9月3日

次週のセンタープロジェクト拡大会議に向けた準備を進めました。

2016年8月27日

20160820

アプリとホームページの機能的役割分担について検討し、モジュールの構成を決定しました。

2016年8月20日

20160820

アプリのver0に向けて、場面と要素とコンテンツのある構造標準を検討しました。

2016年8月19日

201608219

横浜の日本看護管理学会学術集会に参加しました。

2016年8月6日〜12日

201608219

アメリカ合衆国サンディエゴ大学で大学院生の共同教育を実施しました。