論文発表

論文

『看護実践におけるCPG (Clinical Practice Guidelines)の位置づけ - 2017キックオフ国際シンポジウム「診療ガイドラインの軌跡と未来形」-』

  • 野地有子, 野崎章子, 近藤麻理,飯島佐知子,小寺さやか,溝部昌子,金一東,中山健夫,宮坂勝之,菅原浩幸,山口直人
  • 千葉大学大学院看護学研究科紀要,40,55-60, 2018

論文

「文化ケアモデルの変遷にみるカルチュラル・セーフティ・ケアの要点〜共感性を手がかりに」

  • 望月由紀,野地有子
  • 日本健康科学学会誌Vol33 No.4, 2017

論文

Evaluating cultural competence among Japanese clinical nurses: Analyses of a translated scale(全文)

  • Ariko Noji, Yuki Mochizuki, Akiko Nosaki, Dale Glaser, Lucia Gonzales, Akiko Mizobe, Katsuya Kanda
  • International Journal of Nursing Practice, 23(supple.1), Journal of Nursing and Human Sciences, 2017, 査読有.

論文

「我が国の保健医療福祉におけるゲーミフィケーションの活用と課題」(PDF)

  • 炭谷大輔
  • 日本健康科学学会『Health Sciences』Vol33、2017年3月

論文

「時代の要請に応える看護職としてのプロフェッショナリズムを発揮できる人を育てる」

  • 野地有子
  • 『保健の科学』第58巻、2016年5月

論文

「タイ王国東北部地域の病院看護部から見た病院と看護の国際化対応の現状調査~3病院への聞き取りから~」

  • 望月由紀、野地有子、長谷川みゆき、パクビライ・スリサング
  • 千葉大学看護学部紀要、2016年

論文

Providing cultural care behind the spotlight at Olympic Game

  • Janice Morse, Lauren Clark, Tracii Haynes, Ariko Noji
  • Journal of Nursing and Human Sciences, 21, 45-51, 2015

論文

「ワシントン大学クリスマン教授特別講義 病院と地域の連携による看護アウトリーチ実践―病院管理者によるCommunity-Based Participatory Research アプローチ―」

  • 野地有子、望月由紀、溝部昌子、赤沼智子
  • 千葉大学看護学部紀要、2015年

学会発表

演題

『メディカルツーリズムのトレンドとアカデミック・アウトルック―アラブ首長国連邦ドバイの経験を学ぶセミナーを開催して―』

  • 野地有子,野崎章子,炭谷大輔,米田礼
  • 日本健康科学学会第34回学術大会
  • 2018年8月

演題

『保健分野におけるゲーム要素の活用事例に関する文献検討―モバイルアプリケーションの活用実態―』

  • 炭谷大輔,野地有子
  • 日本健康科学学会第34回学術大会
  • 2018年8月

演題

<インフォメーションエクスチェンジ>『病院の国際化における外国人患者への質の高い看護提供を目指して-看護管理の視点から-』(PDF)

  • 野地有子,野崎章子,近藤麻理,飯島佐知子,小寺さやか,溝部昌子,大友英子,坂本眞奈美,小林康司,浜崎美子
  • 第22回日本看護管理学会学術集会
  • 2018年8月

演題

『日本に滞在する外国人から見た日本の病院の看護の質の評価』

  • 松岡光,飯島佐知子,大西麻未,野地有子,野崎章子,丸山恭子
  • 第22回日本看護管理学会学術集会
  • 2018年8月

演題

『研究者と実践者の出会いのコーナー』

  • 野地有子
  • 第22回日本看護管理学会学術集会
  • 2018年8月

演題

「Difficulties in delivering nursing care to international patients among Japanese nurses:A qualitative approach」

  • Ariko Noji, Akiko Nosaki, Eiko Otomo, Manami Sakamoto, Mari Kondo, Sachiko Iijima,Sayaka Kotera, Akiko Mizobe, Koji Kobayashi, Daisuke Sumitani
  • The 7th Global Congress for Qualitative Health Research
  • 2018年6月

演題

「わが国の看護職のカルチュラル・コンピテンス能力開発領域に関する研究~テキストマイニング分析から~」(PDF)

  • 野地 有子 ,野崎 章子
  • 第8回日本看護評価学会学術集会
  • 2018年3月

演題

「Associations between Japanese version Caffrey Cultural Competence in Healthcare Scale (J-CCCHS) score among Japanese clinical nurses and background characteristics」(PDF)

  • Ariko Noji ,Akiko Nosaki ,Dale Glaser ,Lucia Gonzales ,Daisuke Sumitani
  • 21th EAFONS発表
  • 2018年1月

口演

『日本人看護師の外国人患者への看護ケア提供における困難と属性との関連:テキストマイニング結果より』(PDF)


口演

"Classifications of cultural competence among Clinical Nurses in Japan using Latent Profile Analysis"

  • (Ariko Noji, RN, PHN, PhD, Akiko Nosaki, RN, PHN, PhDI, Dale Glaser phD, Lucia Gonzales, PhD, MBA, MSN, NP-C)
  • International Healthcare & Patient Safety Conference(November 06-07, 2017 Dubai, UAE.)
  • 2017年11月

発表

Difficulties in Delivering Nursing Care to Foreign Patients Among Japanese Nurses and Their Attributes(PDF)

  • Akiko Nosaki and Ariko Noji
  • TNMC & WANS-International Nursing Research Conference 2017-Bangkok, THAILAND
  • 2017年10月

口演

「日本の病院看護師のカルチュラル・コンピテンスと属性背景因子の関連」

  • 野地有子、野崎章子、望月由紀、炭谷大輔
  • 日本健康科学学会第33回学術大会
  • 2017年9月

口演

「外国人患者看護ケア能力向上に向けた看護職教育アプリ開発」

  • 炭谷大輔、野地有子、野崎章子、望月由紀
  • 日本健康科学学会第33回学術大会(PDF)
  • 2017年9月

演題

「わが国の看護職のカルチュラル・コンピテンス能力開発領域に関する研究~テキストマイニング分析から~」

  • 野地有子、野﨑章子、望月由紀、北池正、溝部昌子、菅田勝也
  • 日本看護評価学会第7回学術集会(PDF)
  • 2017年3月

演題

「Educational nursing application to cultivate cultural competence in Japan」

  • Yuki Mochizuki,Ariko Noji,Mari Kondo,Yukiko Iioka,Akiko Nosaki,Masae Nishiyama,Eiko Ootomo,Manami Sakamoto,Daisuke Sumitani
  • 20th EAFONS 発表(PDF)
  • 2017年3月

演題

「Difficulties in delivering nursing care to foreign patients among Japanese registered nurses」

  • 野﨑章子、野地有子、鈴木友子、望月由紀、北池正、炭谷大輔
  • 5th World Congress of Clinical Safety 発表(PDF)
  • 2016年9月

演題

「外国人患者へのケア提供に際して看護師が持つ困難さ〜テキストマイニング分析から〜」

  • 野地有子、野﨑章子、望月由紀、柳堀朗子、菅田勝也
  • 第54回日本医療・病院管理学会学術総会 発表(PDF)
  • 2016年9月

演題

「新入社員への健康づくり第二報 ゲーム要素を中心として」

  • 炭谷大輔、野地有子
  • 日本健康科学学会第32回学術大会 口演(PDF)
  • 2016年9月

学会

「Community and Hospital Relationship for Cultural Appropriate Health Care Services」

  • 野地有子、辻村真由子、望月由紀、鈴木友子、溝部昌子、炭谷大輔、柳堀朗子、菅田勝也、Julia P.Fortier、Noel J.Chrisman
  • The 3rd KOREA-JAPAN Joint Conference on Community Health Nursing 口演
  • 2016年7月

シンポジウム

「医療介護総合推進法による地域包括ケアシステム改革」

  • 野地有子
  • 日本健康・栄養システム学会福岡大会
  • 2016年6月

口演

「管理栄養士が外国人患者のベッドサイドに訪問する病院・しない病院ー国際化の視点から」

  • 野地有子、柳堀朗子、野本尚子、覚野友紀子
  • 日本健康・栄養システム学会福岡大会
  • 2016年6月

口演

「韓国の病院とクリニックにおける外国人患者への対応の実際:外国人に安全に医療を提供するための看護管理」

  • 辻村真由子、野地有子、若杉歩
  • 第34回日本看護科学学会学術集会
  • 2014年11月

口演

「医療の国際化に向けた看護の課題」

  • 溝部昌子、野地有子
  • 第34回日本看護科学学会学術集会
  • 2014年11月

報告書

科学研究費助成事業 研究成果報告書 概要(和文)

アジア圏における看護職の文化的能力の評価と能力開発・臨床応用に関する国際比較研究

    わが国の病院における外国人患者受入れの実態を踏まえて、看護職の文化的能力を測定し、国際比較を参考に、わが国の看護職の文化的能力開発の教育モジュールの開発と臨床応用にむけた実装展開を推進した。回答195病院の文化的能力院内教育実施は10%未満であり、7,494名の看護職の文化的能力はJ-CCCHC測定で平均1.85(SD=.52)と国際比較で低値であった。J-CCCHCの確証的因子分析を実施し、日本語版評価尺度を作成した。外国人患者を受け持ったことがある看護職は72.5%であり、困っていることは言語と文化の障壁が主であった。看護職の文化的能力開発のための、教育モジュールとセルフチェック等を含むアプリ(http://ancc.link/app)を作成した。

科学研究費助成事業 研究成果報告書 概要(英文)

Evaluation and Promotion of Cultural Competence of Nurses in Asia

    This study investigates the actual conditions of providing health care services to the foreign patients in the Japanese hospitals and evaluates cultural competence among Japanese clinical nurses using the Japanese version of the Caffrey Cultural Competence Health Services (J-CCCHC). Of the 195 participating hospitals, those providing in-service education regarding cultural competence were less than 10%. The average score on J-CCCHC of 7,494 Japanese clinical nurses was 1.85 (SD=.52), which was lower than the international studies. The Japanese version inventory, J-CCCHC, was developed and its construct validation performed first in this study. Of the participants, 72.5% nurses had the experience of caring for foreign patients and their major difficulties were communication and cultural barriers. An application was developed (http://ancc.link/app) and implemented to improve the cultural competence of nurses in Asia.